静岡県の伊豆にある漢方薬局です。不妊症、月経不順、むくみ、めまい、冷え症、自律神経失調症、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、頭痛、アレルギー、自律神経失調症など、お困りの病状の相談(メール、電話、LINEなど)を承ります。全国発送も行っております。
漢方相談 明正薬局
055-948-4775
09:30〜18:30(月〜金)9:30〜14:00(土)

副鼻腔炎(ちくのう症)と漢方薬 

この記事はこんなお悩みの方におすすめです
  • 鼻づまりがひどい方
  • 鼻の奥が痛む方
  • 鼻の奥や鼻汁が臭い方

副鼻腔炎(ちくのう症)

副鼻腔炎は、いわゆるカゼによる急性副鼻腔炎と炎症が長期化した慢性副鼻腔炎があります。
慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎が長引いたり、繰り返して3ヵ月以上症状が続いているもので、「ちくのう症」とも呼ばれます。

炎症が長引くと、副鼻腔の分泌液の量が増えたり、その粘度が高くなったりして、さらに慢性副鼻腔炎の状態を悪くすることにつながります。
年々、花粉症が起こる方が増え、症状が重症化する方も増えています。
ここでは、慢性副鼻腔炎を副鼻腔炎として扱います。

副鼻腔とは?


鼻の穴の中のことを「鼻腔」といいますが、この鼻腔のまわりには、骨で囲まれた空洞部分が左右それぞれ4個ずつ、合計8個あり、鼻腔とつながっています。この空洞部分が「副鼻腔」です。

副鼻腔炎の症状

鼻づまり、鼻水、後鼻漏、咳嗽などの呼吸器症状が3ヶ月以上持続するもので、
頭痛や頭重感などの随伴症状も伴うことが多いです。

副鼻腔炎の原因はウイルスや細菌などによる炎症が長引いたり、アレルギーによる場合もあります。
鼻の骨格や遺伝の要因もあります。

副鼻腔炎によい代表的な漢方薬

鼻づまりがひどい。鼻水はでない、あるいは粘りのある白色。鼻の奥や前頭部の痛み

鼻淵丸(びえんがん)+葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)など

○鼻づまりがひどい、鼻の奥や前頭部の痛み、鼻水は黄色、ニオイが強い

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)+鼻淵丸、

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)+鼻淵丸など

○鼻づまりと鼻水(薄い)
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)・葛根加朮湯(かっこんかじゅつとう)・麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)など

その他

ササヘルス(クマ笹エキス)-消炎作用・抗アレルギー作用・粘膜の修復作用など。
ルミンA-マクロファージの活性化による免疫の正常化作用

○副鼻腔炎に悪い食生活

カップラーメンなどのインスタント食品、ハンバーガーなどのファーストフード、肉食中心・油物が多い食事・砂糖+乳製品(ケーキなど)、アルコールの多飲。
喫煙も悪化要因になります。

○心がけたい日常生活

・薄味の和食を腹八分目
・睡眠を充分とる
・ストレスをためない
・適度の運動(ウォーキングなど)