静岡県の伊豆にある漢方薬局。不妊症、自律神経失調症、座骨神経痛、変形性膝関節症など、お困りの相談を承ります。
漢方相談 明正薬局
055-948-4775
09:30〜18:30(月〜金)9:30〜14:00(土)

前立腺肥大・排尿異常と漢方薬 

この記事はこんなお悩みの方におすすめです
  • おしっこがすっきり出ない方
  • 頻尿を治したい方
  • 夜間のトイレが多い方

前立腺肥大・夜間頻尿
前立腺は男性だけが持つ器官で、膀胱の出口に位置して、中を尿の通り道である尿道と、精液の通り道である精管が前立腺内で合流しています。
前立腺の役割については、まだ解明されていない部分が多く、主な働きとしては前立腺液の分泌、精嚢から分泌された精囊液を精巣で作られた精子と混合し精液を作り、射精における収縮や尿の排泄なども担っている。 図:前立腺とその周辺の臓器や器官を示す図。前立腺の周辺には膀胱、精嚢、精巣、尿道がある。前立腺は正常なら栗くらいの大きさである。

大きさはクリの実くらいで、加齢に伴って肥大することがあります。
肥大自体は加齢による変化であり、病気ではありません。

尿が出にくくなるなどの排尿障害が見られる場合のみ、「前立腺肥大」と呼びます。

 

前立腺肥大症では、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)、蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)がみられます。

排尿症状

排尿困難とは、尿が出にくい症状の総称ですが、「尿の勢いが弱い」、「尿が出始めるまでに時間がかかる(尿を出したくでもなかなか出ない)」、「尿が分かれる(尿線が分かれて出る)」、「排尿の途中で尿が途切れる」、「尿をするときに力まなければならない」などの症状があります。

蓄尿症状

前立腺肥大症では、多くの場合頻尿がみられます。

頻尿については、一日に何回以上という定義はありませんが、一般的には以下の場合が頻尿を考えられます。

  1. 昼間(朝起きてから就寝まで)については概ね8回より多い場合
  2. 夜間は就寝後2回以上排尿のために起きる場合

また、尿意切迫感があって、トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうような症状を、「切迫性尿失禁」と言います。

尿意切迫感があり、頻尿を伴うものを過活動膀胱といいますが、前立腺肥大症の患者さんの50~70%が過活動膀胱を合併します。

過活動膀胱では、まだ膀胱に十分尿が貯まっていないのに、膀胱が勝手に収縮してしまうので、すぐに排尿したくなってトイレに行く、つまり頻尿になります。
前立腺肥大症で、排尿後に膀胱内に尿が多量に残るようになると、膀胱に貯められる尿量が減って、結果的に頻尿になる場合もあります。

排尿後症状

「残尿感」とは、排尿後に「どうもすっきりしない」、「尿が残っているような感じがする」といった感じのことです。また、尿が終わったと思って、下着をつけると尿がたらたらっともれて下着が汚れることがありますが、これを「排尿後尿滴下」と言います。

漢方では前立腺肥大は老化からくる腎経の衰えを主な原因と考えます。また、症状により体を温める処方と体内(腎膀胱系)の炎症(熱)を鎮める処方を検討します。

腎陽虚(じんようきょ)-排尿に時間がかかる、頻尿、元気がない、疲労倦怠感、足腰がだるい、手足が冷えるなど

代表処方-八味地黄丸(はちみじおうがん)、至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)、参馬補腎丸(じんばほじんがん)など

○腎陰虚(じんいんきょ)-排尿に時間がかかる、頻尿、元気がない、手足のほてり、疲労倦怠感、足腰がだるい、口の渇き、寝汗、など
代表処方-知柏地黄丸(ちばくじおうがん)、八仙丸(はっせんがん)、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)など

○膀胱湿熱(ぼうこうしつねつ)-排尿に時間がかかる、排尿時の不快感や痛み、灼熱感、尿が黄色い、濁る、など

代表処方-八正散(はっしょうさん)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、五淋散(ごりんさん)など

その他 ノコギリヤシが前立腺肥大に効果的である人もいます。

漢方薬とノコギリヤシ製剤と併用するのも良いでしょう。

飲食物について
 冷たいものや生もの、油物、飲酒は、ほどほどにしましょう。